HOME >> コースの特色 >> 教員紹介
教員紹介
コースの特色
カリキュラム一覧
ラウンドテーブル
MI英語
フィールドワーク
教員紹介

北村 文 先生 丸山 淳子 先生  三砂 ちづる 先生  三澤 健宏 先生

横山 久 先生  吉田 真理子 先生

北村 文 先生 プロフィール
北村先生
主な担当科目:多文化共生論、言語教育とジェンダー
研究テーマ:私は誰なのか、他社は誰なのか。「日本人」「女性」などのカテゴリー、イメージ、そしてアイデンティティについて、言語と相互行為をキーワードに考えます。
メッセージ:ここではないどこかに行き、自分ではない誰かのことを知ろうとする。やさしいようで難しいこの試みを通して、自分のこと、自分が今いる場所のことを見つめなおしていきましょう。
丸山 淳子 先生 プロフィール
丸山先生
主な担当科目:文化人類学、国際協力論
研究テーマ:アフリカの「少数民族」や「先住民」として生きる人びとが、大きく変動する現代世界のなかで、自らの文化や社会を再編していく過程を、フィールドワークによって明らかにすることに努めています。
メッセージ:現場で生じていることに誠実に向き合い、丁寧に分析し、そしてそこに寄り添って世界の行方を考えることができる。そんな魅力的なフィールドワーカーになるべく、一緒に試行錯誤を重ねましょう。
三砂 ちづる 先生 プロフィール
三砂先生
主な担当科目:国際保健、国際福祉、世界の健康科学、健康教育
研究テーマ:母子保健、国際保健を専門とする疫学者。「産む経験」「生まれる経験」のあり方、女性の身体の知恵などを研究しています。
メッセージ:世界について学び、同時に自らの身体に向き合い、混迷する国際状況への手がかりを見つけてください。国際保健もその方法の一つです。
三澤 健宏 先生 プロフィール
三澤先生
主な担当科目:ラテンアメリカの政治と経済、ラテンアメリカの社会と文化、人口論
研究テーマ:社会変動と人口の関連について、歴史的背景を踏まえながら検討しています。
メッセージ:これまでの経験を通して培われた問題意識と、様々なものの見方や柔軟な発想のしかたを大学でしっかりと身に付けてください。このことは、フィールドワークが実りある成果をもたらすための前提条件です。
横山 久 先生 プロフィール
横山先生
主な担当科目:経済学、開発経済学、東・東南アジア経済論
研究テーマ:東・東南アジアの成長と所得平等化の同時的達成(世界銀行『奇跡』)さらにその通貨危機との遭遇の経験を踏まえた途上国一般の開発問題。
メッセージ:授業の方針 皆さんの凝り固まった頭をほぐし動かし、講義では論理的思考と議論の楽しさを満喫してもらいます。暗記もしてほしくありません。セミナーでは皆さんとフィールドスタディの面白さを味わうと同時に皆さんの個性を十二分に発揮していただきます。
吉田 真理子 先生 プロフィール
吉田先生
主な担当科目:演劇と教育
研究テーマ:日本の児童・生徒が外国語としての英語を学ぶ上で、ドラマ活動がどのように有効かを、公立小学校や中学校でのフィールドワークを通して研究しています。
メッセージ:人とのつながりや場所との出会いを大切に、自分が関心をもったテーマを追求していく姿勢、そして人や大地の声に耳を傾ける姿勢を一緒に育んでいかれればと思います。